素人が知らない車を高く売却する常識

車買取業者の比較ブログーnoricaー

【買取カービューは利用する価値あり?】評判もふまえてプロが解説

更新日:

買取カービューの記事タイトル

https://kuruma-norica.info

車の買い替えを考えている方にとって、新しい車選びのワクワク感はたまりませんが、そういった楽しみと同時に「少しでもお得に車を買い替えたい」「今まで乗ってきた愛車を高く売却したい」と誰もが思うものです。

 

しかし車業界に精通していない一般の方は、どのように車を手放すのが本当に損をしないのか疑問に思い、スマートフォンやパソコンで「車 買取り」といったキーワード検索をしても、買取業者や一括査定サイトの広告、無数にある口コミサイトなどが表示されて、ネット上の評判を信用して良いのか不安に感じている方も少なくないと思います。

 

そこで車の販売・買取り両方の企業へ勤めてきた私が、数ある一括査定サイトの中でも累計利用者400万人以上とトップクラスの実績を持つ「買取カービュー」についてプロ目線で解説していきます。

 

買取カービューとは?

株式会社カービューは、1996年にスカイスポーツ企画株式会社の名でマイクロソフト社とソフトバンク社の合弁会社として設立されました。

 

2000年より業界初の「車査定仲介サービス」をスタートさせ2003年に会社名を株式会社カービューに変更、現在はヤフーの完全子会社となりソフトバンクグループの一員として東京都千代田区に本社を構えています。

 

一括査定サービス「買取カービュー」の他に、日本最大級の自動車総合情報サイト「carview!」や、登録者数100万人超を誇る自動車専門SNS「みんカラ」といったウェブサイトを運営しており、自動車に特化したインターネットサービスのパイオニア的存在です。

 

買取カービューの一括査定は、その特徴を把握しデメリット・メリットを理解した上で賢く活用することでお得に車を売却する事ができる、プロの目線でもお勧めできるサービスです。

 

カービューの特徴

ここでは、一括査定サイトの老舗であるカービューの特徴を以下の3つに注目して「カーセンサー簡単ネット車査定」「楽天カーサービス」といった車買取サービス大手の一括査定と比較しながら解説していきます。

 

カービューのポイント

  • 累計利用者数が400万人を突破!
  • 査定申し込みが簡単
  • 査定を依頼できる買取業者は最大8社

 

 

累計利用者数が400万人を突破!

買取カービューは2000年から買取り仲介サービスを提供しているので、運用開始から今年で20年目に突入します。

 

他社の大手一括査定サイトのサービス提供時期を見てみると「カーセンサー簡単ネット車査定」は2008年、「楽天カーサービス」も2012年からとなっており、時代に先駆けてサービスを提供してきたことが分かります。

 

競争の激しい車買取り業界でこれだけ長くサービスを提供でき利用者数も多いという事実は、時代のニーズに合った優良で健全なサービスを提供してきたことの裏付けと言えるでしょう。

 

査定申し込みが簡単

カービューの一括査定は、ネット環境さえあれば約1分で申し込むことができます。

 

申し込み時の入力項目が以下9項目であり、「カーセンサー簡単ネット車査定」や「楽天カーサービス」のように車検の有効期限や修復歴の有無を入力する必要がありません。

メーカー

車種

年式

走行距離

氏名

フリガナ

住所

電話番号

メールアドレス

 

申し込み時間1分という謳い文句は決して大げさではないほど、ネット査定はかんたんです。

 

買取業者は最大8社

一括査定サービスのメリットは、なんと言っても複数の買取店に出張査定してもらい、買取り額を競合させる事で最も高い金額を提示した業者に売却できることです。

 

一度の査定申し込みで依頼できる買取業者数は「カーセンサー簡単ネット車査定」で30社、「楽天カーサービス」で10社となっており、カービューの最大8社は少なく感じられるかもしれません。

 

出張査定の所要時間は、車の状態や各業者の査定システム、買取店スタッフの査定スキルにも左右されますが、最初の買取金額提示まで概ね30分は掛かります。

 

さらに少しでも高い金額を引き出すための売却交渉を含めると、1社あたり1時間は見積もっておく必要があります。

 

勘の良い方ならもうお気づきだと思いますが、より多くの買取業者に査定してもらえばその分時間が掛かかります。

 

よって30社全てに出張査定してもらうことは現実的ではありません。

 

つまり、呼べる業者が多ければ良いと一概には言えず、最大8社という数字は私の経験から言っても妥当な数だと言えます。

 

カービューの悪いと良い点

買取カービューの記事タイトル

デメリット

  • 電話の多さ
  • 地域によっては選べる買取業者が8社を下回ることもある
  • オンライン査定の金額は実際の買取り額ではない

 

メリット

  • JPUCに加盟しているから安心
  • 運営が通信会社大手の安心感
  • 一括査定なので高額査定が引き出しやすい

 

電話の多さ

カービューに限らず、一括査定サイトに申し込むと思いのほか多くの業者から電話が掛かってきます。

 

短時間で申し込めるからといって、ついつい仕事中に査定申し込みをしてしまい嵐のように掛かってくる電話で大変な経験をされた方もいらっしゃるかも知れません。

 

「カーセンサー簡単ネット車査定」のように、連絡希望時間帯が選択できる一括査定サイトは、そのあたりに気を配った親切なサービスと言えます。

 

とはいえ、最終的にはあなたの車を買いたいと思った業者から必ず連絡が来ることに変わりはありません。

 

査定申し込みは、電話対応に時間を取れるタイミングでするのが賢明です。

 

地域によっては選べる買取業者が8社を下回ることもある

買取カービューは全国共通のサービスを展開していますが、実際に買取査定をしてくれる店舗数に地域差があるのは事実です。

 

特に地方都市や郊外では8社に満たない事があります。

 

 

オンライン査定の金額は実際の買取り額ではない

申し込みから数分で、一括査定の申し込みフォームで入力した「メーカー・車種・年式・走行距離」を基にした買取り額の目安を買取業者からの電話で聞くことができますが、この金額がそのまま買取り額になるわけではありません。

 

「メーカー・車種・年式・走行距離」で分かるのは、あくまで買取相場の価格帯で概算の金額です。

 

車は1台1台、状態や装備が異なるので実際の買取り額は実車を査定してもらわないと分かりません。

 

JPUCに加盟しているから安心

JPUCと聞いても一般ユーザーの方はピンとこないかも知れません。

 

JPUCの正式名称は一般社団法人日本自動車購入協会といいます。

 

車買取に関わる消費者トラブル等の問題を解消するために「買取事業者に対してのガイドライン」を制定しており、車の売却取引での困りごとに対応してくれる「お客様相談窓口」も設置しています。

 

カービューはこのJPUCに加盟しているので、万が一カービューを通じて車を売却する際に買取業者とトラブルが発生しても相談することができます。

 

また、カービューに参画している買取業者もガイドラインに沿って企業活動をしなければならないので、そもそもトラブルに発展する事が少なく安心して売却取り引きができると言えます。

 

運営が通信大手の安心感

カービューはヤフーの完全子会社でありソフトバンクグループの企業なので、個人情報の扱いに長けています。

 

一括査定の申し込み時に住所、氏名、連絡先といった個人情報を入力する事に不安を覚える方も少なくはないと思いますが、提供した個人情報は公式ホームページに記載されているプライバシーポリシーに則った利用目的以外に使われることはないのでご安心ください。

 

なによりこのご時勢、個人情報の漏洩や不正利用は企業にとって何のメリットもなく、ましてや通信大手のソフトバンクグループでそういった問題が起こるとは考え難いです。

 

一括査定なので高額査定が引き出しやすい

複数の買取店に競合してもらえる一括査定サービスは、最高額を提示した買取店に売却できる事はお伝えしてきましたが、それには理由があります。

 

査定に来てくれる買取店は、ユーザーがカービューを介して申し込んでいることを承知で査定に来ます。

 

競合他社がいる中で安い買取り額から交渉をスタートする事は買取店も時間の無駄だと分かっているので、単独店舗に足を運んでの売却交渉よりも早い段階で高い買取金額を提示してくれる可能性が高いと言えます。

 

注意点は、1店舗目の査定額が予想を超える納得のいく金額であっても、他店舗では更に良い買取り額が提示される事もあるので、複数店舗からの買取り額を比較してから売却する事をお勧めします。

 

カービューのQ&A

NORICAのQandA

 

ネット上のカービューに対する悪い評判は?

 

「カービュー 口コミ」などでWeb検索すると、「電話が多すぎて困った」という内容が最も多く見られますが、なぜでしょうか?

 

これは口コミを投稿した方の勘違いが原因として挙げられます。

 

確かにカービューなどの一括査定サイトに限らず、ネットを介して査定申し込みをすると、買取業者から電話は必ず掛かってきます。

 

しかし、電話を掛けてくるのはカービューではなく、提携している買取店です。

 

その理由をここで解説します。

 

買取業者は車を買い取ることで利益を得ているわけではありません。買い取った車を中古車市場に流通させることで利益を得ています。

 

買取業者も企業である以上、利益を確定させるために買い取った車をなるべく早く流通させたいので、少しでも早く査定したいのです。

 

また、車の価値は基本的に時間の経過とともに下がってしまうので、申し込みから早いタイミングでアポ取りの電話が掛かってくることは売り手にとってのメリットでもあり、買取業者が車を本気で買い取る意思がある事の証です。

 

しつこいアポ取り電話の上手な断り方は?

買取カービューでは、最大8社に査定を依頼する事ができますが、それぞれの業者から買取相場を聞き、その中から3~4社に出張査定してもらう事が現実的です。

 

それでも、来てほしくない買取業者からしつこく「査定させてほしい」という電話が掛かってくることもあります。

 

そういった場合は、「もう売ってしまった」「親戚に譲ることに決めた」と、手元に売る車がすでに無い旨をはっきりと伝えれば同じ業者から電話が掛かってくることはなくなります。

 

それでも電話が掛かってくるようなら、各企業に設置されている問い合わせ窓口やJPACに相談する事をお勧めします。

 

下取りで値段がつかない車でも売れる理由

ディーラーでの下取りで「0円」評価されても、買取業者なら値段を付けてくれることは多々あります。

 

ディーラーは「販売会社」であり、下取りで得られる利益にそれほど注力していない事、下取りの査定システムが実際の買取相場をそれほど反映していない事が理由として挙げられます。

 

買取店は車買取りの専門業者なので、様々な流通ルートとのコネクションを持っています。

 

ですので、国内だけでなく海外の中古車市場も反映させて値段を付ける事ができます。

 

また、買取店は各社独自の輸送システムを持っており、事故車や故障車などの動かなくなってしまった「不動車」でも値段を付けることが可能です。

 

カービューの総合評価

ここまでお読みいただけたなら、いかに買取カービューが健全な車買取りサービスで安心してお得に車を売却できる手段だということがお分かりいただけたと思います。

 

愛車の売却で損をしないためにも、参考にしていただけたら幸いです。

-車査定サイト比較

Copyright© 車買取業者の比較ブログーnoricaー , 2019 All Rights Reserved.